役に立つヒント

記事を書き始める場所

Pin
Send
Share
Send
Send


このサイト専用の記事の書き方ではなく、一般的な記事の書き方です。

記事やメモは資料の準備から始まります。つまり、じっと座って記事を書く前に、役に立つ資料を選択します。もちろん、ノートブック(ポケットに入れることができる小さなポケットノートブックが望ましい)、ペン(ロープでノートブックに取り付けられている場合-紛失す​​るのが難しくなります)およびボイスレコーダー(資料を準備する場合は他の人とのコミュニケーションが必要です)記事の場合:イベントに関するメモ(イベントの簡単な要約など)、社会調査の結果、さまざまな人々の意見、イベントのビデオ録画、アーカイブ資料(古い記事、ケースレポート、記録、写真新聞)。この記事は、目的を決定することから始まります-実際にこの記事で何を言おうとしているのか、たとえば、イベントを説明したり、読者を興味深い人に紹介したり、問題を提起したりしたい場合。記事の対象者、特別な用語を使用するかどうか、記事のサイズによって異なります。たとえば、学校新聞に記事を書く場合は、MTD、ChTPなどの略語を解読して説明する方が良いでしょう。 -それ以外の場合、読者はあなたを理解できないかもしれません。小学校時代に焦点を当てる場合、記事は長くてはならず、シンプルで理解可能な言語で書かれ、長く複雑な文章を含んではいけません。その後、記事のスタイル(ジャンル)が決定されます。同じ情報は、簡単な説明、レポート、またはインタビューを通じて伝えることができます。このジャンルは、他の新聞記事のジャンルに大きく依存しています。すべての記事が1つのジャンルで書かれている場合、新聞は読むのが面白くありません。記事の目的、読者、およびジャンルを決定したら、資料の検索と分析を開始できます。目標に応じて必要な素材を選択または準備し、必要なジャンルに翻訳する必要があります。どのジャンルを選択するかという問題に直面しています。

記事のジャンル:
情報記事
分析的
クロニクル
ルポルタージュ
肖像エッセイ
インタビュー
フィーユトン

実際には、純粋なジャンルで書かれた記事はめったに見つかりません。原則として、記事のジャンルはさまざまです。これは、肖像画のエッセイや、フィーユトンの形をした記録、インタビューや記録の要素を備えた分析記事にすることができます。記事を書くとき、厳密に定義されたジャンルに従う必要はありませんが、どちらのジャンルも放棄すべきではありません。そうしないと、すべての新聞記事のスタイルが互いに似ていて、新聞の読み方があまり面白くない場合があります。記事のジャンルが選択され、今では記事を書くために座ることがかなり可能です。

記事執筆計画
1.見出し-テキストの本質を反映する必要があります。
2. LEADは最も重要で有益な部分であり、読者がすべての資料を読むことを奨励するはずです。クラシックLIDは、誰が、何を、どこで、いつ、どのように5つの質問に答える必要がありますか? LEADは短く、理解できるものでなければなりません。 LEADは記事の要約です。
3.テキスト
4.結論-テキストの論理的結論

Pin
Send
Share
Send
Send