役に立つヒント

自宅で鼻づまりを緩和する方法

Pin
Send
Share
Send
Send


鼻水は鼻粘膜の炎症の結果です。ほとんどの場合、健康に害はありませんが、患者に大きな不快感を与えます。鼻から正常に呼吸できない場合、人は口から酸素を吸い込みます。その結果、感染症やウイルス性疾患にかかるリスクが高まります。自宅で鼻づまりを緩和する方法を決定する前に、問題の原因を見つける必要があります。


通常、この症状は次の要因によって発生します。

・非常に乾燥した空気のある部屋での長期滞在、

鼻中隔の曲率、

・有害な状況で働く、

・鼻腔への異物の侵入。

風邪、アレルギー、またはインフルエンザによって引き起こされる鼻づまりに対処する最も簡単な方法。部屋の乾燥した空気によって引き起こされる問題を取り除くのは簡単です。

鼻中隔の湾曲に関しては、外科的治療がここに示されています。危険な産業に携わる人は、常に呼吸用保護具、マスクなどの個人用保護具を使用しなければなりません。異物が鼻孔に取り込まれたために呼吸が困難になった場合は、外傷専門医に緊急に助けを求める必要があります。

自宅での激しい鼻詰まりを緩和する

血管収縮薬の滴で鼻水を治療する必要はありません。このグループの薬は、すぐに腫れを和らげます。そのため、患者はすぐに健康の改善に気付きます。しかし、彼らには多くの禁忌があります。

さらに、長期間の制御されていない使用により、風邪は粘膜の萎縮につながる可能性があります-鼻詰まりを取り除くことがほとんど不可能な病気です。


鼻づまりを治療する安全な方法

血管収縮薬を使用せずに粘膜から腫れをすばやく取り除くには、以下の方法を使用できます。彼らは安全で、子供、妊婦が使用できます。

咳だけでなく、鼻水も見られます。処置中、患者は鼻で治療液の微細な流れを吸い込みます。インターフェロン、生理食塩水が可能です。少なくとも3回の治療セッションを毎日実施する必要があります。

生理食塩水による鼻腔洗浄

手順の救済策は、独立して準備することができます(温かいお湯でコップ1杯の海塩)または薬局で購入します。特別なティーポットを使用すると最も便利です。これにより、溶液をこぼさずに鼻孔に充填できます。

洗う前に、鼻をかむ必要があります。次に、頭を左に傾け、右の鼻孔に薬を注ぎます。口でしか呼吸できません。その後、もう一度繰り返す必要がありますが、頭を反対方向に傾けます。

普通の風邪に加えて、患者が耳の感染症と診断されている場合、または片頭痛発作がある場合、記載されている洗浄スキームは使用できません。

ツボマッサージ

非常に効果的と考えられます。誰でも独立して実行できます。人差し指を鼻孔の隅のくぼみに置き、時計回りに、次に反時計回りに円形の回転運動をする必要があります。

その後、鼻梁の近くにある目の角に指先を置き、再び10の動きと10の反時計回りの動きを行います。

鍼massageマッサージの第3段階では、耳と耳たぶの後ろのくぼみをマッサージします。

1日4〜5回、すべてのエクササイズを繰り返します。

民間療法で鼻の腫れをすばやく取り除く方法

鼻のむくみを減らすための一般的なレシピは、bでたオニオンティーです。次のレシピに従って準備されます。

1. 2つの大きな玉ねぎの皮をむき、細かく刻む。

2.リットルのパンに入れて、1リットルの水を注ぎます。沸騰させます。

3.小さじ3〜4杯の砂糖を加えます。

オニオンティーを飲むのは、グラスで1日3回行うことをお勧めします。


また、鼻水があると、ホットコンプレスを適用できます。これを行うには、カモミールの煎じ薬を準備し(乾燥した植物材料1.5杯を水1杯に注ぎ、沸騰させる)、それにタオルを浸し、鼻の橋に湿布を適用する必要があります。冷めるまで保管してください。この手順を1日に2回繰り返します。

鼻づまりのための油滴

彼らは治療し、単に鼻水、油滴の症状を取り除くだけではありません。薬局では、ピノソル油組成物を購入できます。

オイルドロップと自分で準備できます-細かく刻んだカノコソウの大さじ1杯とオリーブオイルの半分を混ぜます。治療薬は12日間注入する必要があります。次に、ろ過し、ガラス皿に注ぎ、暗い場所に置く必要があります。鼻に埋められた既製の油滴は、1日に2〜4回2滴になるはずです。

Pin
Send
Share
Send
Send